色彩心理ベーシック6回コースを修了された方のレポート。”今のままも良い”と思えた

神戸元町・岡山「color bloom」
“カラーで殻を破る!”
そして“自分の人生の主役になる”お手伝いをしています
色彩心理セラピストの
大北由佳です。

 

私のカラーの基本となっている
「色彩心理ベーシックコース」

>>色彩心理ベーシック講座

カラーワークをしながら色から自分を探っていく(向き合っていく)6回コースで
結果いろんな枠から解放されていくので楽になっていきます。

今回6回を修了されたOさんは
30数年勤めた会社を退社されて
自分中心で動いていいといったとき
“現実どうしたいのか?”と思ったときに
私のブログの
“色の力で自分を変える”というフレーズに「これだ!」と思い、
「自分自身が変わりたい」という思いで
受講してくださったんです。

何度かご紹介したOさん(レッスンブログから)

>>色は感情!その感情に色で表すと、あなたの経験が影響している!色彩心理ベーシックコース

>>12月岡山レッスン、色から学ぶことって大きいです!

回を重ねるごとに変わっていくというか
いろんなことに気づかれて
どんどん開放されていかれました。

そんなOさんをみるのがとても楽しみでした。

6回目のレッスンの最後に
“自分への手紙”
を書いていただきます。
そして6回修了したらレポートを書いていただき、私から「修了証」をお渡ししています。

Oさんの修了レポートがとても嬉しかったのでご紹介させてください。
(抜粋します)

6回の様々なワークで、少しずつ判ってきたのは自分自身です。
普段の生活では気付くことのない自身の気持ちの変化や生まれ育った環境が恵まれていたことなどハッとする事ばかりでした。
この講座は「色の力で自分を変える」ではなく「自分を知る」と表現した方が良いのかなと思っていた矢先に「色の力を借りる」という出来事がありました。
苦手でいつも断っていたパーティーに”赤”の力を借りて気持ちが前向きになったということがあり、私自身驚きでもありました。

世の中にあふれる「会社を辞めて起業した」とか「〇〇になった」などの成功エピソードを読み「自分を変える」ことに焦っていたのかもしれません。「自分を知る」ワークを通して「今のままも良い」と思えるようになりました。
第二の人生を何か新しい事で楽しみたい、という気持ちに変わりはありませんがゆっくりと自身に向き合い「今の生活」を楽しみつつ、私にとっての”何か”
を探し続けたいと思います。
今後の更なる自分の変化が楽しみです。積極性が不足気味の私にはまだまだ”赤”の力を借りる場面がありそうです。

「今のままも良い」

と思えたこと素晴らしいですね!

初めて来られたときより
表情が生き生きとされてるんです。

皆さんのそんな姿をみるのが
私はとっても嬉しくて♡

「色で変わる」ということは
他の何かに変身するのではなく
“本来の自分自身に出会う”
ような感覚なんです。

それは自分自身が愛おしいと感じるんです。

すご〜くないですか?

自分をギューと抱きしめたくなる
自分をもっと好きになる!
色彩心理ベーシックコース
2月スタートも募集しています。

>>色彩心理ベーシック講座の詳細はこちら

 

色の散歩道「color bloom」

▼ LINEでお友達になって下さった方に、
カラーワークプチ体験プレゼントしています

友だち追加

私Story企画

関連記事

  1. 12月岡山レッスン、色から学ぶことって大きいです!

  2. 自分の捉え方が変わると現実が変わってくる!”私へ…

  3. 私の身近にいる人たちを色と形で表すと?そこから見えてくる私の…

  4. “カラーストーリー”を生きていますか…

  5. 11月色彩心理ベーシックコース”カラーで殻を破っ…

  6. なりたい自分は自分の中にあった。色に気づくと、心が変わり私が…

  1. 「受ける前に決めた”なりたい自分”…

  2. 私を止めているのはプライド?物語から読み解く潜在意識の私…

  3. 自分と向き合う時間、ブラッシュアップクラス

  4. 未来予想図「コラージュ」作りました。with コロナ対策…

  5. どんなファッションが似合うか? 〇〇診断より”…

  6. レッスンの振り返りで気持ちを整理。”自分で選…

  7. みんな違うから色も対応も違う!その方に合わせたマンツーマ…

  8. 【カラー体験】「嫌いな色」が自分の中にある感情と認めるこ…

  9. “ようさんのショッピングチャンネル̶…

  10. 3ヶ月ぶりの岡山レッスン♡対面でレッスンできることに感謝…

クリナップさんの「ドリーミアクラブ」ピックアップ教室に掲載されました

友だち追加



ご受講の流れ