50代からの「グレー」って柔軟な心。

こんにちわ。
神戸元町、岡山 色の散歩道「colorbloom」
おおきたゆかです

突然ですが、
グレーってどう思いますか?
どちらかというと
好きな色?苦手な色?どうでしょう?

なんとなくグレーってはっきりしない、
パッとしないイメージがある方が
多いのかもしれませんが、

実は50代・・・
この年齢って誰しも
グレーがあるのです。

「えっ!?グレーがある?
そんなの嫌だわ・・・」
そう思われる方も
いらっしゃるかもしれませんよね。

どういうことかというと、
50代、特に55歳を過ぎると
新しいことを始めることへの抵抗、
体力的な問題、
介護問題、
年老いた親との問題、
お子さんが大きくなっても
ちょこちょこ悩みはありますよね。

もうちょっとすっきり、
パッとしたいと思うけれども、
いますぐ解決できないこともある。
なんとなくの不安や心配もある。

でも実は
それを抱えているからこその
強さもあると思うのです。

グレーがない人って
実はいないんじゃないかな、
と私は考えています。

実際に私もグレーばかり着ていた頃があります。
解決しないこと、正解のないことを
抱えていたときで、
そのグレーを着ることで
随分、気持ちが落ち着いていたように思います。

そのグレーの部分って
自分の中で
大きくすることもできるし、
うまくバランスを
取ることもできるのです。

女性って
いろんなことが起こってきますよね。

男性は仕事していると
対処できないことでも

女性は仕事しながらでも
同時にあれもこれも対処したりしています。

でもそれを嘆くのではなく、
グレーを白に変えようとするのではなく、

楽しみを持つことで
生き生きとできるのです。
50歳からでもワクワク人生を送ることもできます。

写真左は私の友人(66歳)であり、カラーのお客様いろんな方々の介護を乗り越えて
いま、新たなスタートをされ輝いていらっしゃいます♡

彼女の着ている”グレー”こそ柔軟性ある女性
が表れています。そしてファーとスカーフのアレンジが
とても華やかになって笑顔を引き立てていますよね!

この写真の笑顔を娘さんが見て、
「この歳でも楽しめるっていいね」と言って
くれたそうです。

そんな彼女も自分の心に制限をかけていました。

体験セッションを受けていただくと
そんなご自分の制限や思い込みに
気づくことができます。

また、
言葉ではなんとでも言えることでも、
選んだ色には
あなたの本音の気持ちが表れたりします。

そんなご自分の本音の気持ちに
向き合ってみませんか?
向き合うことがわかりにくい方も
おられるかと思います。よかったら私にお手伝いさせてください。

→体験レッスンはこちらから

 

▼ LINEでお友達になって下さった方に、
カラーワークプチ体験プレゼントしています

友だち追加