私自身が「私story企画」で”自分が主役の人生をリスタート”できた一人です。

こんにちわ。
色彩心理学を活用して内面、見た目、人間関係に向き合って
本当になりたい自分を手に入れる
カラーストーリーメソッドのおおきたゆかです^^

私は写真が嫌いでした。
自撮りも嫌いでした。

幼い頃から
妹へのコンプレックスがあったのです。

妹は可愛い、なんでも似合う、綺麗、
みんなにちやほやされている・・・

それに比べて私は・・・。

想像以上に妹に対するその気持ちは
大人になった私の中にも
重く残っていました。

そしていつの間にか
私の写真を出すなんて、
見た人が何って思うかな?
自信がないから恥ずかしい!
それを写真が嫌いと片付けていました。

「実物のほうがいいのに」
もしかしたら
褒め言葉で言われていたかもしれない
その言葉も
私自身にコンプレックスがあることによって
「私って写真映りがよくないのね・・・」
そう落ち込み、
ますます写真を撮ることが嫌になりました。

それが今では・・・

 

 

プロの方に写真を撮ってもらう機会を通して
こんな笑顔で
写真を楽しめるようになりました。

もちろん最初、
この写真を出した時は
ドキドキで怖かったです。
だって
写真、嫌いだったのですから。。

でもカメラマンの凛さんの対応が素晴らしくて
“なりきりモデル”になっていたんですよ。

実際、めっちゃ楽しくて
何かそぎ落とされた感じでした。

それと見てくださった方々の反応が
とてもよかったのです。

 

そして、
「私Story企画」を思いついたのです。

“誰もが自分の人生の主役!”
「私story」という雑誌の表紙になる!
「まずは私がやっちゃえ!」

そんな軽い気持ちからやってみたのですが、
実は想像以上に私自身の中で
たくさんの発見、気づきがありました。

<before>
写真なんて・・・
恥ずかしい・・・

<after>
実は演じてみたかったのかも!
なりきりモデルやってみたかったのかも!
表現すること、楽しい!
モデル、いけるかも!
みなさんにも提案したい!

 

<before>
人目が気になるな・・・
目立っちゃいけないよね・・・
遠慮しなきゃ・・・
いい人に見られたいな・・・

<after>
あれ、私、何を遠慮していたんだろう・・・
もっとわがままでも、
そのままの私でもいいよね!
自分はこうであるべき、なんてないよね。
本音で生きても大丈夫!
華やかにしたかったら華やかでもいいんだ!
写真を撮られることで、
私が癒されて、私が解放されるんだ!
写真は一つの自己表現!

そして、私がこの撮影をして
一番大きく変わったことは、
私が体験して思いついた企画、
「私Storyという自分が主役の人生をリスタート」

これを実際に今、みなさんに
ご提案できていることなのです。

以前なら
「でもやっぱりどうなんだろう・・・」
そう思って
せっかく思いついた企画も
引っ込めていたかもしれません。

主役になりましょう、と言いながら
主役でいなかったかもしれない私自身。
意外と本音で生きていなかったこと。
無意識に目立たないようにしようとしていたこと。

そう思っていたことにも気づかされ、
まさに私自身が
自分が主役の人生をリスタートできたのです。

だからこうして、
ささっとご提案することができ、
実際にたくさんのお客様に
嬉しいお言葉をいただいている。
感動でしかありません。

この動きの早さに
自分でもびっくりしています。
実際に体験した私だからこそ、
自信を持っておすすめできるこの私Story。

一緒に自分が主役の人生を
リスタートしませんか。

ご興味のある方は私story企画をご覧ください!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

色の散歩道「color bloom」

▼ LINEでお友達になって下さった方に、
カラーワークプチ体験プレゼントしています

友だち追加

関連記事

  1. “私story、奈良交流会”の皆様の…

  2. 誰しも自分の人生の主役です!私story9月号創刊

  3. ドキドキの初めての「私storyお茶会」のご感想いただきまし…

  4. 楽しい”お茶まごと”にお招き頂きまし…

  5. “笑っている自分に元気もらえた!”と…

  6. 今年のうちの種まき