色彩心理であなたのライフスタイルをナビゲート

バンビ&サブリナ、ロゴ

色彩心理セラピスト 大北 由佳

ピンク

pink

ピンクという色は作る上で赤と白を混ぜて原色をミルキーに和らげることから優しさを象徴する代表的な色といえます。
現実的というよりロマンティックな優しくしたい、優しくされたいという想いをもった色です。
また傷つきやすさや繊細さをもっています。恋愛をしているときにも表れる色です。
物事に対して積極的というよりどちらかというと依存的なときかもしれません。